欠陥住宅 住宅問題 建築トラブル 消費者被害 床下商法 北海道 札幌市 弁護士 法律事務所 欠陥マンション 耐震偽装マンション 住まいのトラブル

欠陥住宅北海道ネット事務局
お問い合わせ
弁護士法人 札幌・石川法律事務所
〒060-0042 札幌市中央区大通西10丁目4
南大通ビル東館8階
弁護士 石川和弘
住まいのトラブルを弁護士・建築士に相談したい・・・

欠陥住宅北海道ネットは、
平成15年5月31日に設立されたグループで、
欠陥住宅に関する相談・調査・法的救済を目的として活動しています。

欠陥住宅に関する被害救済の全国組織である
欠陥住宅被害全国連絡協議会と連携しています。

お知らせ

平成28年11月22日
「講演会(無料)のご案内」
申込用紙(FAX)  ダウンロード


平成23年5月26日
「耐震偽装事件の控訴審で勝訴しました!」
判決文  ダウンロード

「欠陥住宅 損害賠償請求事件で勝訴しました!」

平成20年(ワ)第3644号 損害賠償請求事件
(担当弁護士:石川・福田)
判決文 ダウンロード(882KB)


平成22年6月17日
最高裁が、建築瑕疵に関する重要な判決を出しました。
判決文ダウンロード(12.0 KB)

請負契約に基づいて完成・引渡しされた物件について瑕疵がある場合、以前は、そもそも建替費用
(解体費用+再築費用)相当額の賠償請求ができるのか自体が問題とされていたのですが、
最高裁平成14年9月24日判決は、これを認めました。
この建替費用相当額の賠償請求が認められる場合、施工会社側が「引渡し後、長年にわたり
居住してきた事実があり、それは、施主の経済的利益になる(もし、この物件に居住していなければ、
別の物件を賃借するなどする必要があり、その場合には、毎月賃料がかかるなど)のだから、
その分は、建替費用相当額から控除すべきだ。」と反論することがあります。
今回、最高裁の判決としては、そのような居住利益控除論を排斥した初めてのケースということになります。

平成22年4月22日
「本日、耐震偽装事件で勝訴しました!」
判決骨子 ダウンロード(74.7KB)
判決文 ダウンロード(8.29MB)※ファイルサイズが大きいのでダウンロードにはご注意ください!

欠陥住宅北海道ネット
事務局

メール
弁護士法人
札幌・石川法律事務所
〒060-0042
札幌市中央区大通西10丁目4
南大通ビル東館8階
弁護士 石川和弘
欠陥住宅北海道ネット・プライバシーポリシー